オーガニックカフェ 待望のオープン!

 

(株)ウインドファーム(有)有機コーヒー(株)セカエルの3社がコラボして

オーガニックカフェを福岡県に開店しました。

地球が人にとっても、動植物にとっても、未来世代にとってもハッピーな星になることを願って「オーガニックカフェ 」 待望のオープン!

オーガニックカフェウインドファーム グランドオープン 2022年4月22日
休業日のお知らせ

5月2日は休業日とさせていただきます。

期間中、来場者全員に ドリップバッグ有機コーヒー プレゼント

ごあいさつ

アースデーの4月22日、福岡県遠賀郡水巻町にウインドファームのカフェがオープンいたします。

地球環境の破壊や汚染が進む中で、有機コーヒーのフェアトレードを始めて34年。

なぜ今、カフェをオープンするのか?

私たちは、フェアトレードの「フェア」を人と人とのフェアだけでなく、

自然と人とのフェアも大事だと考え、“有機栽培”であることはもちろん、

人と自然が共存できる“森林農法(アグロフォレストリー)”を重視しています。

森の中でバナナやアボカド、グアバ、オレンジなどの果樹や多様な樹木と共に

コーヒーを育てることで、手間はかかりますが、豊かな生態系が守られ、

そこで育まれたコーヒーは良質の香り豊かな実を付けます。

森林農法は「森を守り、森を育てる」だけではなく、

コーヒーを含む多様な作物栽培が生産者の生活の安定にもつながるため、

自然と人々の暮らしを守ることにもなります。

こうして手間暇かけて育てられた品質の良いコーヒーは、最高の状態でお届けできるよう

焙煎専門スタッフが注文を受けてから毎日焙煎しています。

生産地ごとの生豆の特徴や季節ごとの豆の状態の変化を見極めながら焙煎しており、

森をイメージしたオーガニックカフェ・ウインドファームでも

煎りたて、挽きたての美味しいコーヒーをお楽しみいただけます。

気候変動や生物種の絶滅が加速している中で、ウインドファームはこれからも、

人も自然も未来世代も皆がハッピーになることを目指して取り組んでいきます。

 

オープン記念セールのご案内

オープニングセールを5月5日まで行います。(※5月2日(月)はお休みです

選りすぐりのオーガニック素材を使用したヴィーガン対応メニューをオープン記念特別価格にてご提供いたします。

大変お得な内容となっておりますので、この機会にぜひご賞味ください。

ご来店を心よりお待ち致しております。

 

オーガニックカフェ ウインドファーム
オープン記念セール
期間 4月22日〜5月5日まで。価格は全て税込です。

5月2日は休業日とさせていただきます。

コーヒー全て半額
テイクアウトオーガニックコーヒー マイカップやマイタンブラーを持参でさらに50円割引
他全て20%オフ
大好評、復活です! 無添加ジャージーソフト 定価350円を280円
ここだけのオリジナル オーガニックVeganコーヒーソフト 定価450円を360円
え!? クレープ生地にバナナの粉??? グルテンフリー(米粉、バナナフラワー使用) たまらないモチモチ感 オーガニックVeganバナナクレープ 定価580円を460円 全3種、価格は異なります。
有機野菜たっぷり オーガニックパパさんとのコラボ おまかせオーガニックVegan弁当 定価850円を680円 内容は週ごとに変わります。

オーガニックカフェ ウインドファームを形作るものたち

カフェの原点、2つの日本初を持つ会社「有限会社有機コーヒー」

ウインドファームグループには5つの会社と3つの市民団体があります。始まりは1987年「有機農産物産直センター」の設立でした。翌1988年には無農薬コーヒーの自家焙煎を始めます。その後、生産者から直輸入するフェアトレードを広める中で「有限会社有機コーヒー」という会社を設立しました。当時は「有機コーヒー」という言葉が一般に使用されていなかったため、「一般名詞」である「有機コーヒー」が奇跡的に社名として登記されました。

有機コーヒー社は、日本で初めて有機コーヒーをフェアトレードで輸入した会社であり、日本で初めて有機認証のあるカフェインレスコーヒーを製造した会社でもあります。

「農薬なしにコーヒーはできない」という常識を覆したブラジルの生産者

農薬の悪影響から従業員の健康と農地の持続性を守る決意をしたカルロス・フランコ

 

ブラジルの生産者カルロス・フランコさんは「農薬なしにコーヒーはできない」と言われていたブラジルで40年以上も前から有機コーヒーの栽培に取り組み、農場があるミナス州マッシャード市が「世界の有機コーヒー首都宣言」をするほどに有機コーヒーを普及させた功労者です。

そのカルロスさんは、2003年に他界されましたが、彼の意思を語り継ぐために私たちは『カルロスさんのコーヒー』という名を使い続けています。

カルロスさんとのフェアトレードはNHKで取り上げられ、絵本にもなっており、カフェで見ることができます。

森林農法(アグロフォレストリー)を実践する2つの生産地、エクアドルのインタグ、メキシコのトセパン

エクアドルのインタグ地方では、世界有数の生物多様性を誇る熱帯雲霧林が環境破壊の危機にあります。この豊かな森を守るために、森の性質を生かして農作物を作る森林農法によるコーヒー栽培が行われています。インタグコーヒーと名付けられたこのコーヒーはテレビ朝日で「森を守る美味しいコーヒー」として紹介されました。

メキシコでは、森林農法でコーヒーを栽培してきたトセパン協同組合がメキシコ政府から高く評価され、森林農法が全国で推進されています。トセパンコーヒーと名付けられたこのコーヒーは、NHKや毎日新聞でも紹介されています。

2019年1月17日 毎日新聞

この2つの森林農法で栽培されたコーヒーはブレンドされて「ハチドリのひとしずく」という名称で全国で販売されています。

アクセス

営業時間
  • 火〜日 11:00〜18:00 (L.O 17:30)
  • 月 定休日
  • ※5月2日(月)はお休みです
所在地
福岡県遠賀郡水巻町猪熊8丁目18−27

電話番号
※本社 株式会社ウインドファーム
093-202-0081
オーガニックカフェ ウインドファーム 地図
オーガニックカフェ ウインドファーム 外観。
自社焙煎(煎りたて)オーガニックコーヒー専門店 営業時間11時〜18時 ラストオーダー17時30分 定休日は月曜日 5月2日はお休みです 福岡県遠賀郡水巻町猪熊8丁目18−27 本社の電話番号093-202-0081

 

オープン告知チラシ画像

 

カフェオープン告知チラシ(表)
チラシの表
カフェオープン告知チラシ(裏)
チラシの裏

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA