<2.セカエル農園の畑日記> 12話:モロヘイヤ三昧、とにかく消費

ピーマンの収穫量もさることながら、

更にその上を行くツワモノが急成長して来ました。

モロヘイヤです。これはケイさんの畑から余ったものを貰って来たのですが、

その生命力が圧巻。

モロヘイヤは柔らかい新芽の部分を摘んで食べるのですが、

摘んでも摘んでもどんどん伸びて来ます。(しかも20株分!多すぎ!)

この時期収穫には買い物バックを持参していたのですが、

中身の9割はモロヘイヤで、可哀想にその上に乗せたピーマンなんかが歩く度にポロポロ落ちるのです。

それでも収穫なんてまだ簡単で、持ち帰った後が大変。

 

さてこの大量のモロヘイヤをどう料理しようか。

お浸し、納豆和え、モロヘイヤ丼、モロヘイヤスープ、一通り試しました。

朝昼晩、3食のどこかに必ずモロヘイヤが入っている日が何日も続きます。

 

それでも食べ切れない。

冷蔵庫の下の段にスーパーの袋に入ってこっちを見つめてくるんです。

 

仕方ない、明日のウインドファーム出勤の時、モロヘイヤも連れて行こう。

 

↑まだ小さい時のモロヘイヤ、この頃は可愛かった。

↑モロヘイヤレシピ① モロヘイヤのタタキのお浸し。
夏はキンキンに冷やして食べると美味しい。

↑モロヘイヤレシピ②
一見グロテスクな色だが、マツシマはこれが一番好きだ。
ハイビスカス塩(アイさん持参、オシャレだ)で塩揉みした千切り大根とモロヘイヤのタタキを一緒に食べる。
少し酸味のある塩加減が何とも言えない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA