<序章>4話:余った苗をもらう

ケイさんの畑は大規模。その分、育てる作物の苗も大量です。

ハウスの中に広がる苗床には様々な種類のタネが植わっていて定植の日を待っています。

発芽した苗の全てが元気に育つとは限らないので(当たり前ですが)余分にタネを蒔いておきます。

すると今度は畑に植えきれなかった苗が出て来ます。

普段はそういった苗は土に還す(廃棄)そうですが、私たちはそんな苗をもらって来て自分たちの畑で育てる事にしました。

ケイさんは苗を捨てなくて済むし、私たちは無償で苗を手に入れられます。

どちらかというと私たちに利が大きい気がしますが…良いアイデア!

 

さて、そろそろ畑に対する私たちの理想の話は終わりにして、

いよいよ畑に分入っていこうと思います。(こっからが本番です)

 

 


苗床

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA