<序章>2話:ケイさんとの出会い

 

ケイさんは中村さんの息子さんの同級生で、

セカエル本拠地の「あしたの森と海のがっこう」から程近い農村で農家を営むお兄さんです。

 

セカエルではスタッフが食べる野菜は出来るだけ自給しようと考えていて、

今回それを知ったケイさんは余っている畑地を無償で私たちに貸して下さいました。

 

日によく焼けた逞しい体格と優しい笑顔が印象的なケイさんは、

同じ位日に焼けたキャップ帽と軽トラがトレードマーク。

ご実家の畑を継いで、ご両親とお兄さんご夫婦と一緒に様々な野菜を栽培し、

スーパーや農協に届けています。

 

作物がどの様に栽培されて人々の口に運ばれて行くのか、もっと沢山の人に知って貰いたい。と、ケイさん。

私たち若者が畑に興味を持つことをとても喜んでくれました。

 

私たちの畑は主に北九州・若松の「あしたの森と海のがっこう」に拠点を置くメンバーが管理する予定ですが

大変な事に農業経験者が中村さんしかおらず、

しかも中村さんは仕事で忙しい為なかなか畑に出られません。

そこで普段はケイさんの畑をメンバーのMayaとマツシマが交代でお手伝いに行って、

畑の基礎的な事を教えて頂くことになりました。

 

ケイさんとそのご家族の応援の元、

私たちの畑プロジェクトが始まります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA